今なお4000万人が住む黄土高原の住居

a0031888_13302710.jpg【黄土の住居ヤオトン】

黄土高原は、崖地に横穴を掘る形式と、地面に大きな四角い穴を掘り、ここを中庭とし四方に横穴を掘る形式の「ヤオトン」という住居があり、今なお4000万人が暮らす。強風(黄砂)が防げ、夏涼しく、冬は暖かい。
[PR]
by fishhoek | 2006-01-13 13:30
<< 臭い臭い、中国や台湾の有名な豆腐 無政府状態のソマリア内戦は民族... >>